関西大学経済人クラブ 関西大学経済人倶楽部は、会員相互の親睦と啓発を図ることを目的とし、政治・経済・文化・科学・芸術の分野迄、会員相互の啓発に取り組んでいます。

活動報告

2011年1月24日(月)

◆関西大学経済人クラブ便り「代表幹事の会社訪問」

平成23年1月24日(月)経済人クラブメンバーの幹事でもある紀和マシナリーの紀和 隆会長の会社を訪問させていただきました。会社は近鉄名張駅から10分ぐらいにあり、本社事務所棟と工場は2000坪の敷地にあり、営業とサービス部門は1500坪の別の敷地にあります。会談は西井社長も加わり2時30分から始まった。リーマンショック以来の厳しい状況からやっと「どん底から回復しつつあると言えるが」その回復は鈍い。しかし同社が2005年に設立した中国の上海工場が、日系自動車・建機等のパーツメーカーからの受注が増えており、現在6~7ヶ月分の受注残があるとのこと。又今後工作機械に対する要求は多岐にわたってきており、また対応速度も求められており、販売地域も世界に広がっていくことが予想され、人材の面においても充実を図り、さらに足元を固めて着実に成長発展していきたいと会長・社長の抱負を語っていただきました。

次に工場を見学させていただき、先般10月28日から11月2日まで東京ビッグサイトで開催された第25回日本国際工作機械見本で出展された、「ハイブリドガイド」を搭載した「横型マシニングセンタKH-55」や自動車のアルミホイルを自動的に作る工作機械や海外からメンテナンスのために引き取られた工作機械の修理等を興味深く見させていただきました。見学中、社員の皆様が、「こんにちは、いらっしゃいませ!」と元気に声をかけていただき物作りに打ち込んでおられる姿が印象的でした。関西大学の卒業生がいないのは残念でしたが「Small is Best」是非学生の皆さん、大会社だけでなく、能力がふるに発揮できる、この様な会社にもアクセスして見て下さい。
(http://www.kiwa-mc.co.jp)

(関西大学経済人クラブ 代表幹事 田合 邦臣 )