関西大学経済人クラブ 関西大学経済人倶楽部は、会員相互の親睦と啓発を図ることを目的とし、政治・経済・文化・科学・芸術の分野迄、会員相互の啓発に取り組んでいます。

お知らせ

2011年7月15日(金)

◆関西大学・関西学院大学「第6回関関連携による技術セミナー」(関西編)開催のご案内

【開催日時】 2011年8月5日(金)17:30~19:30
【開催場所】 臨床研究情報センター
      (Translational Research Informatics Center:TRI)
       神戸市中央区港島南町1-5-4 ポートアイランド内
       http://www.tri-kobe.org/access/index.html

【講 演】 「Rap1シグナルによる接着動態と増殖応答の制御」
        関西学院大学 理工学部 教授 片桐 晃子

    本演者らはこれまでRap1-RAPL-Mst1という3種類のタンパク質分子が
    連続して活性化されて、リンパ球などの接着・遊走のスイッチをいれる
    とともに、過剰な増殖応答を抑制する働きがあることを見出した。
    RAPL或いはMst1の欠損が、自己免疫疾患やリンパ腫の発症を引き起こす
    機構について説明する。

【講 演】 「診断技術への適用を目指したDNAナノテクノロジー」
        関西大学 化学生命工学部 准教授 葛谷 明紀

    近年、生体内では遺伝情報の記録を司っているDNAを純粋に化学材料・
    素材と見なし、竹細工における竹ひごのように利用して、望みのナノ
    構造をDNAで編み上げるDNAナノテクノロジーという研究分野が発展して
    きている。本講演では、将来的な人工抗体開発を目指した研究例として、
    タンパク質1分子を摘んで単分子レベルで可視化・検出ができる長さ170 nm
    の小さなペンチの作例を紹介する。
      
19:30~ 情報交換会

【お申込み先・お問合せ先】
関西大学 社会連携部産学官連携センター
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-1245 FAX:06-6368-1247
E-Mail: syakairenkei@ml.kandai.jp

【主催】関西大学社会連携部産学官連携センター、
      関西学院大学研究推進社会連携機構
【後援】神戸市、財団法人先端医療振興財団、 独立行政法人科学技術振興機構