関西大学経済人クラブ 関西大学経済人倶楽部は、会員相互の親睦と啓発を図ることを目的とし、政治・経済・文化・科学・芸術の分野迄、会員相互の啓発に取り組んでいます。

活動報告

2015年11月14日(土)

◆経済人クラブ第208回特別例会

経済人クラブ(栗原照次郎会長)第208回特別例会が、11月14日に開催され、ゲストを含め36名が参加した。

年に一度の特別例会は、普段の講演形式とは違い、過去様々な企画を実施してきた。今年度は「水の都・大阪の文化と魅力を再発見」というテーマで、身近過ぎて、普段なかなか経験できない大阪の名所を堪能できる内容を実施した。


 第1部は、なんばグランド花月の前列を陣取り、漫才・落語・よしもと新喜劇を鑑賞、大阪の笑いの文化に浸った。最前列に座った参加者には、時折漫才師からのツッコミも入り、大阪に在住しながら、初めて足を運んだ参加者も居て、テレビでは味わえない臨場感あふれる劇場での笑いを楽しんだ。

 続いて、貸切バスで中之島に移動。第2部は、大阪府が推進する「中之島にぎわいの森プロジェクト」の集大成として、中之島中央公会堂を眼前にした大川川畔に13年12月にオープンした「中之島 LOVE CENTRAL」で懇親会。大阪の中心地にいるとは思えないほどの自然に囲まれた雰囲気の中で、優雅なひと時を過ごした。
 最後の第3部では、中之島 LOVE CENTRALの専用船で、銀橋から淀屋橋まで大川を約1時間にわたってナイトクルージング。ワインやカクテルを楽しみながら、水上から青色にライトアップされた大阪城をはじめ、水の都大阪の夜景を楽しだ。
当日は、時折雨模様の生憎の天候ではあったが、参加者全員が大満足して帰路についた。

                         副代表幹事   村上康司