HOME > お知らせ一覧 > 活動報告 > 関西大学経済人クラブ大学昇格100周年記念講演会

活動報告

2022年8月5日(金)

◆関西大学経済人クラブ大学昇格100周年記念講演会

 関西大学経済人クラブ大学昇格100周年記念講演会が、2022年8月5日に大阪市中央公会堂大会議室で開催されました。
今回は校友のゲストを含む31名の方々にお集まりいただきました。
学歌斉唱に始まり、永尾俊一会長より開会のご挨拶を頂きました。
 そして、本日のご講演、関西大学校友会副会長の田中義昭様より「私が見た大津事件(湖南事件)」というテーマでご講演を頂きました。

 1891年、訪日していたロシア帝国皇太子・ニコライを警備にあたっていた警察官である津田三蔵が突然切りつけ負傷させた暗殺未遂事件である大津事件(湖南事件)について大変詳細にまた分かりやすくご説明いただきました。
当時強国であったロシアの皇太子を小国の日本が襲撃したとして、日本の政府は報復を恐れ、司法に対し大逆罪によって死刑を適用するよう働きかけた。
しかしながら現在の最高裁判所長官にあたる小島惟謙(関西大学の前身である関西法律学校創立者の一人)は司法の独立を守り政府の圧力に反発し、無期懲役の判決を下したということでした。
この事件について、実際に田中義昭様が訪れられた土地の写真や資料などからご自身の考えなどを交えながら熱く語られました。
また、様々な関係する人物についても詳細にお話しいただき、相互の関係性や時代背景なども理解することが出来、当時のことを頭に思い浮かべ想像しながらとても興味深く楽しく聞くことが出来ました。
最後に谷副会長より謝辞をお伝えし、講演会は終了となりました。

 第一部の講演会終了後、中之島ラブセントラルバーベキューテラスにて懇親会を開催しました。
ご来賓の前田裕学長にご挨拶いただき、続いて池内啓三前理事長の乾杯のご発声をいただいてスタートいたしました。
途中、参加者の皆様に一言ずつ頂戴し、終始和やかな雰囲気で大変盛り上がりました。
暑気払いとして、屋外でのバーベキューでしたが川沿いということもあり気候も穏やかで風もあったため、最後まで気持ちよく楽しむことが出来ました。

 次回 第235回例会は9月12日に開催予定です。

                       楠 隆夫(平9年工学部卒)
                      (関大パンセ・向井06-6368-1974)